平成30年度から古民家・空き家・戸建て住宅でも1泊から宿泊サービスができる「住宅宿泊事業法」が施行されます。従来の旅館業法、民泊業法とは別の法律です。 住宅民泊事業を行おうとする方は、都道府県知事に届け出ることで1年間に最長営業日180日まで可能となります。 新たに住宅宿泊管理業者制度、住宅宿泊仲介業者制度も導入されます。
 訪日外国人旅行者数は、2012年 836万人 → 2016年 2400万人(速報) → 2020年 4000万人(推定)と言われ、 外国人旅行消費額は、2012年 1.1兆円 → 2016年 3.7兆円(統計速報) → 2020年 8兆円(推定)の経済効果があると見られています。  地方(三大都市圏以外)における外国人延べ宿泊者数は、2012年 855万人 → 2015年 2514万人 → 2020年 7000万人と大きく伸びています。  日本人国内旅行消費額は、2012年 19.4兆円 → 2015年 20.4兆円 → 2020年 21兆円と見込まれています。
 最近の訪日外国人の旅行スタイルとしては、宿泊・航空機費用をかけず、日本の歴史的文化・食文化・景観などの体験・観光に予算を費やす傾向にあります。

 「点から線、そして面」への新しいインバウンドツーリストビジネスや豊岡市及び周辺の古民家・賃貸住宅の空室を活用した民泊ビジネスについて学習研究するメンバーを募集しています。
民泊ビジネスに関心をお持ちの方は下記申込フォームより是非ご参加下さい。

事業目的

①民泊に関する関係法令の研修
②関西圏における民泊ビジネスの実態研修
③民泊ビジネスを成功させるための研修
④民泊ビジネス事業者ネットワークの構築
⑤スマホ用民泊アプリの開発及び海外向けの告知ホームページの制作
⑥その他、民泊ビジネスに関する活動

参加条件

 豊岡市及び周辺市町にお住いの方で民泊ビジネスに関心のある方であれば、性別、年齢は問いません。ただし、民法上において法律行為に制限を設けられている方、反社会的勢力の方は参加できません。
※宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者、マンション管理士、英語・中国語等の外国語に堪能な方等の資格者は大歓迎です。

募集人数

5~10名程度

参加費用

・入会金  1,000円(退会時に返却は致しません)
・月々会費 1,000円

事務局(お問合せ先)

nkansai 北関西情報通信株式会社 不動産部
  豊岡民泊ビジネス研究会設立準備室
    担 当  松井 喜久夫(宅地建物取引士)
         一幡 みゆき(宅地建物取引士)
    所在地  豊岡市高屋1089-7
    電 話  0796-34-8811
    メール  info@satonoie.jp

協力

北関西情報通信株式会社
京都FM丹波放送株式会社
(協力事業所・団体募集中)

区  分  
氏  名  
ふりがな  
郵便番号
住  所  
電話番号  
FAX番号  
ご連絡先
メールアドレス
 
職  業
ご質問等  
の項目は必須です